KDP キッズ

あなたの絵本を世界中の子供たちに。

Kindle Kids Book Creator: Kindle Kids Book Creator を使うと、子供向け絵本へのイラストのインポート、ポップアップの追加、プレビューが可能です。

対象年齢および学年範囲指定ツール: このツールを利用すれば、対象読者の年齢を細かく絞り込むことができるため、お子様を持つ保護者の方が子供にとって適切な本を探しやすくすることができます。

マーケティングに役立つツール: Amazon の充実したグローバル向けマーケティング ツールを活用しましょう。KDP セレクトに登録すれば、販売をさらに促進することも可能です。

絵本・児童書の出版を
今日から始めてみませんか。

KDP ではたくさんの著者が絵本・児童書を出版しています。あなたもその 1 人になりませんか。実際の著者の体験談をいくつかご紹介します。

「リスクはどこにもありませんでした。私はそこで自分の本を出すだけでよかったのです」

Raymond Bean: 『School is a Nightmare

2012 年 11 月、私が電子出版の道に飛び込んで 4 周年になります。最初の本を出版した 2008 年当時、私は Kindle のことなど何も知らず、まだ電子書籍を読む人もなく、電子出版の魅力はほんの小さなものでした。

その頃の私の執筆実績として見せられるものと言えば、コンピューター 1 台分の小説とバインダー 1 冊分の不採用通知だけでした。日中は教壇に立ち、週末はケータリングの会社で働き、空いた時間は極力執筆に費やしました。これは、当時の作家なら「当たり前のこと」でした。

「KDP は、本を読者に届けるためのツールと情報をすべて兼ね備えているんです」

Seymour Simon: 『Planet

私が本格的に執筆を始めたのは、まだニューヨーク市の公立中学で教えながら科学部門主任を務めていた頃で、40年ほど前のことです。著者としての私の経歴は、月に一度『Scholastic』誌の科学関連の補足記事を執筆することから始まり、そのうちに子供向けの科学に関する本の執筆を始めました。私の本の多くは、よく知られている『Einstein Anderson: Science Geek』シリーズのように、私が教室で毎日のようにやっていた研究課題に基づいています。やがて、執筆の契約が増えすぎたので、教職を退いて専業で執筆を行うようになりました。これまでに執筆した本の数はあまりに多くて、正確な数はわかりません。しかし、300冊近くあることは確かです。

「Kindleの舞台裏にいる人々が自分のような作家に機会や表現手段を与えようと今なお懸命に努力してくれていること嬉しく思います。」

A.J. Cosmo: 『Monsters A to Z

Kindleプラットフォームに参加したのは2011年の冬でしたが、文章を書いたり絵を描いたりすることは3年生の頃からずっとしていました。出版にあたっての最大の壁は、自信がないことでした。そのせいで、エージェントや出版社に作品を持ち込めないでいました。私がKindleプラットフォームを選択した理由は、創作の自由に加えて、すぐに結果が出ることです。Amazonは出版活動における門番をなくしたと言われます。部分的にはそのとおりですが、実際には、一般の人が門番の代わりをするようにしたのです。この3年で、読者が私の作品のどういう部分を好むのかを知ることができ、そのおかげで、昔ながらの出版社から本を出していたら到底不可能だったであろう速さで成長することができました。


申し訳ありません。
ご希望のサービスまたは機能は、現在ご利用いただけません。できる限り早く問題を解決できるよう努力しております。後でもう一度お試しください。
セッションがタイムアウトしました

もう一度サインインしてください。

サインイン
Adobe Flash

このページを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。

すでにインストールされている場合は、最新バージョンであるか、また有効になっているかをご確認ください。

Adobe Flash Playerの最新バージョンをダウンロードしてください
edit