ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

本の説明で使用できるHTMLタグ

ここでは、本の説明フィールドで使用できるすべてのHTMLタグおよび属性を示します。書式エラーを避けるために、HTMLタグは必ず適切に閉じてください。たとえば、テキストを太字にするタグ<b>を閉じるには、</b>を追加する必要があります。この終了タグを追加すると、残りのコンテンツが太字で表示されるのを防ぐことができます。


HTMLタグ 説明
<b> 囲まれたテキストを太字として指定します。
<br> 改行を作成します。
<em> 囲まれたテキストを強調表示します。通常は斜体で表示されます。
<font> 囲まれたテキストの外観を指定します。
<h1> ~ <h6> 囲まれたテキストをセクション見出しとして指定します。<h1> (最上位)~<h6> (最下位)を使用できます。
<hr> 水平の(罫)線を作成します。多くの場合、テキストセクションの分割に使用します。
<i> 囲まれたテキストを斜体として指定します。
<li> 順序指定された(番号付き)リストまたは順序指定されていない(箇条書き)リストの項目を指定します。
<ol> 囲まれた項目から番号付きリストを作成します。各項目は <li>タグで識別されます。
<p> 段落のテキストを定義します。先頭行はインデントされ、囲まれたテキストの末尾には改行が作成されます。
<pre> 整形済みテキストを定義します。
<s> テキストに取り消し線を設定します。<strike>もご参照ください。
<strike> テキストに取り消し線を設定します。 <s>もご参照ください。
<strong> 囲まれたテキストを太字として指定します。 <b>もご参照ください。
<sub> 囲まれたテキストを下付き文字として指定します。フォントサイズを小さくして、ベースラインの下に配置します。
<sup> 囲まれたテキストを上付き文字として指定します。フォントサイズを小さくして、ベースラインの上に配置します。
<u> 囲まれたテキストを下線付きとして指定します。
<ul> 囲まれた項目から箇条書きを作成します。各項目は<li>タグで識別されます。

申し訳ありません。
ご希望のサービスまたは機能は、現在ご利用いただけません。できる限り早く問題を解決できるよう努力しております。後でもう一度お試しください。
セッションがタイムアウトしました

もう一度サインインしてください。

サインイン
Adobe Flash

このページを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。

すでにインストールされている場合は、最新バージョンであるか、また有効になっているかをご確認ください。

Adobe Flash Playerの最新バージョンをダウンロードしてください
edit