ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

プリント本の表紙のデザイン (Beta)

プリント本の出版は現在、kdp.amazon.co.jp ではサポートされていないため、ご利用いただけません。

表紙は 1 つの PDF とし、裏表紙、背表紙、表表紙を 1 つの画像に含める必要があります。問題のあるファイルは却下されるので、以下のヒントに従い、よくある問題を回避するようにしてください。表紙作成ツールは、プリント本の表紙のデザインに役立ちます (kdp.amazon.co.jp では現在サポートされていません)。専門の表紙デザイナーの一覧については、こちらのヘルプ ページをご覧ください。

表紙仕上げには、「光沢あり」と「光沢なし」の 2 種類のオプションがあります。印刷オプションの詳細については、こちらをご覧ください。


サポートされているファイルの種類とサイズ

  • ファイルの種類: 表紙は 1 つの PDF ファイルとし、裏表紙、背表紙、表表紙を 1 つの画像に含める必要があります。
  • ファイル サイズ: 650 MB を超える表紙ファイルは変換されません。ファイル サイズは 40 MB 以下にすることをお勧めします。サイズが大きいと、印刷に時間がかかる可能性があります。



表紙サイズの設定

テンプレートを使うと、Adobe Photoshop® や Adobe InDesign® などのソフトウェアを使用して印刷用のプリント本の表紙を簡単に作成することができます。表紙テンプレートはこちらからダウンロードできます。

ファイルを自分で設定する場合は、Amazon の計算ツールをお試しください。インクと用紙を選択して判型とページ数を入力すると、計算ツールによって以下のようなレイアウトが生成されます。





表紙のバックグラウンドの書式設定

  • 裁ち落とし: 背景色を追加する場合は、すべての端において最終的な判型から 3 mm (0.125 インチ) はみ出すようにしてください。これで本の仕上がり時に、端に白い線が現れなくなります。
  • 判読できないテキスト: 背景色を選択する際には、テキストとのコントラストが十分かを考慮します。背景色とテキスト色が似すぎていると、テキストが背景に埋もれてしまい、読みにくくなります。
  • 枠線: 枠線は推奨されません。印刷工程で 3.2 mm (0.125 インチ) のズレが発生するおそれがあり、ズレによって枠線が一部欠けた場合に表示が不揃いになるからです。ファイルに枠線を含める場合は、仕上がり線よりも 6.3 mm (0.25 インチ) 以上内側に配置する必要があります。白色の枠線を含める場合は、線幅要件の最小値を満たすようにしてください。満たしていない場合は、ファイルは受領されません。



画像の追加

  • 裁ち落とし: 画像を追加する場合は、すべての端において最終的な判型から 3 mm (0.125 インチ) はみ出すようにしてください。これで本の仕上がり時に、端に白い線が現れなくなります。
  • 画像の色、サイズ、および品質: 画像は CMYK または RGB カラーにしてください。すべての画像は原寸大で、1 つのレイヤーに結合した状態で配置する必要があります。画像の最小解像度は 300 DPI (ドット/インチ) とします。高解像度の画像の詳細については、こちらのページをご覧ください。



テキストの追加

  • 表表紙と裏表紙のテキスト: テキストを追加する場合は、仕上がり線から 3 mm (0.125 インチ) 以上内側に配置します。また、表表紙や裏表紙のテキストが背表紙部分にはみ出さないようにしてください。
  • 背表紙のテキスト: ページ数が 100 ページ未満の場合は、背表紙のテキストを追加しないでください。また、背表紙のテキストが表表紙や裏表紙にかかってしまわないためにも、テキストの両側には 1.6 mm (0.0625 インチ) 以上の余白が必要です。
  • 本の詳細情報: 表紙にテキストを追加する際には、本の設定時に入力した本の詳細情報 (タイトル、著者名、版、ISBN など) と正確に一致していることを確認してください。
  • フォント サイズと色: 読者にとっての読みやすさを考え、文字の大きさは 7 ポイント以上とします。さらに、テキストが背景に紛れてしまわないようにします。テキストと背景の色が似すぎていると、紛れてしまうことがあります。



バーコードのサイズとその位置

表紙をアップロードする場合は、独自のバーコードを含めることができます。

  • 独自のバーコードを含める場合: バーコードの解像度は 300 dpi にします。また、サイズは幅 50.8 mm (2 インチ)、高さ 30.5 mm (1.2 インチ) にしてください。裏表紙にバーコードを配置する場合は、他の要素の邪魔にならない場所に配置します。バーコードが Amazon の仕様を満たしていない場合は、Amazon 側で差し替えを行います。
  • 独自のバーコードを含めない場合: Amazon 側で ISBN バーコードを配置します。このバーコードは、本の裏表紙の右下にある幅 50.8 mm (2 インチ)、30.5 mm (1.2 インチ) の白いボックスの中に配置されます。裏表紙のこの部分に画像やテキストがあると、印刷されたときにバーコードで隠れてしまいますので、お気を付けください。



色の要件

  • カラー プロファイル: 画像やファイルに追加されるカラー管理情報。ファイルにカラー プロファイルを含めることは推奨されません。カラー プロファイルは予期せぬ結果を生むことがあります。カラー プロファイルは出版前に自動的に削除されます。
  • スポットカラー: Pantone Matching System (パントン マッチング システム) などのカラー システムから選択されたインクで表される色。スポットカラーはオフセット印刷で使用されます。KDP のプリント・オン・デマンド モデルとは互換性がないので、ファイルにスポットカラーを含めないでください。スポットカラーは RGB または CMYK に変換することが推奨されます。
  • 色空間: 色を数値で表現する方法。RGB (デジタル カメラやコンピューターのモニター)、CMYK (フルカラー印刷)、およびグレースケール (モノクロ印刷) などがあります。1 つのファイル内で複数の色空間を使用することは推奨されません。印刷時に色に差異が生じたり、予期せぬ結果が生じるおそれがあります。



出版前のチェックリスト

KDP にファイルをアップロードする前に、以下の点を確認してください。

  1. PDF として保存します。 表紙は 1 つの PDF とし、裏表紙、背表紙、表表紙を 1 つの画像に含める必要があります。
  2. すべての透過オブジェクトを結合します。 透過オブジェクトがあると、コンテンツに欠損や歪みが生じるおそれがあります。方法についてはソフトウェアのマニュアルを参照してください。
  3. フォントを埋め込みます。 方法についてはソフトウェアのマニュアルを参照してください。
  4. トンボ、カラー バー、テンプレート テキストを削除します。 トンボとは、ページが断裁される場所を示す線です。カラー バーとは、印刷中にカラー バランスを確保するために使用される一連の色の付いた線です。さらに、テンプレート テキスト、PDF 作成ガイド、またはソフトウェア リファレンスをすべて削除します。

読者に提供する前にプリント本の仕上がりを確認したい場合は、 校正刷りを注文してください。



既存の表紙の更新

表紙を更新するには、「本棚」に移動し、こちらで説明する手順に従います

申し訳ありません。
ご希望のサービスまたは機能は、現在ご利用いただけません。できる限り早く問題を解決できるよう努力しております。後でもう一度お試しください。
セッションがタイムアウトしました

もう一度サインインしてください。

サインイン
Adobe Flash

このページを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。

すでにインストールされている場合は、最新バージョンであるか、また有効になっているかをご確認ください。

Adobe Flash Playerの最新バージョンをダウンロードしてください
edit