ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

目次を Word で作成する

ハイパーリンク付きの目次 (TOC) を用意しておくと、読者が目次のリンクをクリックすることで目的の章や節 (項) に直接移動できます。

この機能は Kindle ユーザーにとって非常に重要で、Amazon では、複数の章や節 (項) を持つすべての Kindle 本に対して、ハイパーリンク付きの目次を設けることを必須としています。

ハイパーリンク付きの目次は、Microsoft Word を使用して作成できます (詳しくは、Microsoft のヘルプ ページに掲載されている目次の作成書式設定の解説を参照してください)。Microsoft Word の目次機能をよくご存じの場合は、以下の「概要」のみご覧ください (Microsoft Word にはいくつかのバージョンがあり、バージョンによって一部機能の動作が異なることに注意してください)。Microsoft Word の使用方法について詳しい情報が必要な場合は、サポート ページをご覧ください。

電子書籍の目次の概要

  1. Word の「ホーム」タブで、すべての章タイトルに同じスタイルを適用します。
    • 個々の章タイトルをハイライトし、ツールバーの「スタイル」セクションからスタイルを適用します。本の部タイトル (部に分かれていない場合は章タイトル) には「見出し 1」を、章タイトルまたは下位の節/項タイトルには「見出し 2」を使用することをお勧めします。
    • この手順を繰り返して、部タイトル、章タイトル、節/項タイトルにそれぞれ共通するスタイルを適用します。
  2. コンテンツの先頭に、目次を配置するための空白ページを追加します。
    • 本に著作権ページがある場合は、著作権ページと残りのコンテンツの間に空白ページを挿入します。
    • カーソルをこの空白ページの一番上に置き、Word 上部のツールバーから「参考資料」タブを選択して、このタブに切り替えます。
  3. 「参考資料」タブから、目次を作成します (自動またはユーザー設定)。
    • ツールバーで「目次」を選択します。
    • 「自動作成の目次 1」または「ユーザー設定の​​目次」を選択します。
    • 「ユーザー設定の目次」の場合
      • 「ページ番号を表示する」チェック ボックスをオフにします。
      • 「アウトライン レベル」を「1」に変更します。
      • 「ページ番号の代わりにハイパーリンクを使う」チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
  4. 電子書籍の目次の書式設定を完成させます。
    • ページ番号および先頭のドット ("....1 2 3") を削除します。
  5. Kindle 端末/アプリの移動メニューで NCX 表示が有効になるように、特定のスタイルを適用します。
    • 表示するタイトル見出しには、「表題」スタイルを適用します。
    • 表示するすべての章タイトルには、「見出し 1」スタイルを適用します。

PC 版の Word での目次の作成

Mac 版の Word での目次の作成

申し訳ありません。
ご希望のサービスまたは機能は、現在ご利用いただけません。できる限り早く問題を解決できるよう努力しております。後でもう一度お試しください。
セッションがタイムアウトしました

もう一度サインインしてください。

サインイン
Adobe Flash

このページを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。

すでにインストールされている場合は、最新バージョンであるか、また有効になっているかをご確認ください。

Adobe Flash Playerの最新バージョンをダウンロードしてください
edit