ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

ペーパーバックの書式設定

KDP でペーパーバックを作成する際は、原稿ファイル (前付、本文、後付を含む本の本文) と表紙ファイル (前表紙、裏表紙、背表紙を含む本の外側) の 2 つのファイルを書式設定し、アップロードする必要があります。ここでは、その 2 つのファイルを書式設定する手順と、作業を開始するために有用なツールやリソースについて説明します。


以下の手順に従って、本文の原稿ファイルを書式設定します。



判型とマージンの設定


本のサイズとマージンを設定します。ページの端ぎりぎりまで印刷する視覚的要素を含む場合、裁ち落としありの本文ファイルを設定します。

前付、本文、後付の作成


前付、本文、後付の要素を作成します (タイトル ページ、著作権ページ、章の見出し、著者略歴など)。

アップロードする原稿の保存


エラーが発生しないよう、KDP にアップロードする前に適切に本文ファイルを保存します。



また、Kindle Create を使用すると、完成した原稿をきれいな本に変換できます。シンプルなレイアウトのテキスト主体の本を作成する場合は、Kindle Create をお勧めします。
注: Kindle Create は、表、脚注、裁ち落とす画像を含むペーパーバックにはご利用になれません。



表紙の作成方法:



無料のリソースを使用


無料の表紙作成ツールをお試しいただくか、テンプレートをダウンロードします。本の寸法には、当社の計算ツールをご利用いただけます。

当社のガイトを使用して自分で行う


ファイル形式、サイズ、画像、バーコード、色の要件について詳しくは、ガイドをご覧ください。

プロに作成を依頼


フリーランス デザイナーの一覧については、こちらをご覧ください。





予期しないエラーが発生しました。後でもう一度試してください。
セッションがタイムアウトしました

続行するにはサインインしてください

サインイン
edit