ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

ナビゲーションのガイドライン

HTML 目次のガイドライン

HTML 目次は本の巻末ではなく、巻頭に配置してください。これにより、読者が最初からページをめくると目次を自然に目にすることになります。目次を誤って配置すると、「最後に読んだページ」機能の精度に影響します。正しく配置することで、目次がダウンロードされる本の無料サンプルにも確実に表示されるようになります。

HTML 目次のベスト プラクティス:

  • 目次のエントリーには、読者がクリックして特定の場所に移動できるように、HTML リンクを追加する必要があります。Kindle では、リンクのない目次は役に立ちません。
  • 目次には、HTML の <table> タグは使用しないでください。表は表形式データ用であり、レイアウト用ではありません。
  • 目次には、ページ番号を含めないでください。Kindle 本は、印刷書籍のページ番号とは必ずしも一致しません。
  • Word から文書をインポートする場合は、Microsoft Word の「ヘッダー」スタイルと「目次」機能を使用してください。Word で作成された目次は適切にインポートされ、これらのガイドラインに沿った目次に変換されます。
  • 2 冊以上の本からなるセット販売版には、ファイルの最初に包括的な目次を入れてください。
  • 目次に「マップ一覧」または「イラスト一覧」が含まれている場合は、各マップまたはイラストへの HTML リンクを指定します。

入れ子の HTML 目次を使用する

効果的なナビゲーションに役立つ入れ子の目次エントリーを作成するために、HTML 目次の内容に沿った構文を使用することをお勧めします。以下の例は、同じサンプル コードを作成するのにスタイル属性を使った方法と、CSS クラスを使用する方法です。

スタイル属性を使用:

<div>第 1 部</div>

<div style="margin-left:2%;">第 1 章</div>

<div style="margin-left:2%;">第 2 章</div>

<div style="margin-left:2%;">第 3 章</div>

<div style="margin-left:4%;">第 1 節</div>

<div style="margin-left:4%;">第 2 節</div>

<div style="margin-left:2%;">第 4 章</div>

<div style="margin-left:4%;">第 1 節</div>

<div>第 2 部</div>
...

CSS クラスを使用:

<style>
div.chapter { margin-left: 1em}
div.subchapter { margin-left: 2em}

</style>

<div>第 1 部</div>

<div class="chapter">第 1 章</div>

<div class="chapter">第 2 章</div>

<div class="chapter">第 3 章</div>

<div class="subchapter">第 1 節</div>

<div class="subchapter">第 2 節</div>

<div class="chapter">第 4 章</div>

<div class="subchapter">第 1 節</div>

<div>第 2 部</div>
...



NCX のガイドライン

論理目次は、toc nav 要素または XML アプリケーション用ナビゲーション コントロール ファイル (NCX) を使用して生成します。Kindle 本の構造が階層的に見えるように論理目次を作成し、Kindle メニューを使用して読者がそれを検索できるようにすることが求められます。論理目次は、特に 20 ページを超える本に追加することをお勧めします。

論理目次を含む本では、読者は各部、章、または節が見えるようになるため、読んでいる場所がどこかが分かるようになります。この進捗インジケーターは本の相対的な進み具合を示します。

toc nav 要素を使用した論理目次の作成に関するガイダンスを参照してください

NCX を使用した論理目次の作成に関するガイダンスを参照してください

重要: Kindle 端末および Kindle アプリでは、2 種類のサポートがあります。

toc nav 要素を使用して論理目次を作成する

toc nav 要素(IDPF 3.0 仕様)の詳細をご覧ください。

toc nav 要素を作成すると、論理目次と HTML 目次の両方が生成されます。toc nav 要素は、HTML 目次とは別の HTML ドキュメントです。

例:

<nav epub:type="toc">

<ol>

<li><a href="Sway_body.html#preface_1">序文</a></li>

<li><a href="Sway_body.html#part_1">第 1 章</a>

   <ol>

   <li><a href="Sway_body.html#chapter_1">1969 年、ハウス</a></li>

   <li><a href="Sway_body.html#chapter_2">1962 年、ロックンロール</a></li>

   <li><a href="Sway_body.html#chapter_3">1928 ~ 1947 年、皇后</a></li>

    </ol>

</li>

</ol>

</nav>

上記の例では、次のような目次階層を定義しています。

序文

第 1 章

   1969 年、ハウス

   1962 年、ロックンロール

   1928 ~ 1947 年、皇后

この OPF (出版物ヘッダー ファイル) の抜粋は、<manifest> での toc nav 要素の宣言方法を示しています。

例:

<manifest>

<item id="toc" properties="nav" href="xhtml/toc.xhtml" mediatype="application/xhtml+xml"/>

HTML 目次として使用した場合、<spine> での使用はオプションです。

例:

<spine>

<itemref idref="toc"/>

NCX を使用して論理目次を作成する

NCX に関する IDPF 2.0 の仕様を参照してください

NCX の例:

<navMap>

<navPoint class="titlepage" id="L1T" playOrder="1">

<navLabel><text>序文</text></navLabel>

<content src="Sway_body.html#preface_1" />

</navPoint>

<navPoint class="book" id="level1-book1" playOrder="2">

<navLabel><text>第 1 部</text></navLabel>

<content src="Sway_body.html#part_1" />

<navPoint class="chapter" id="level2-book1chap01" playOrder="3">

<navLabel><text>1969 年、ハウス</text></navLabel>

<content src="Sway_body.html#chapter_1" />

</navPoint>

<navPoint class="chapter" id="level2-book1chap02" playOrder="4">

<navLabel><text>1962 年、ロックンロール</text></navLabel>

<content src="Sway_body.html#chapter_2" />

</navPoint>

<navPoint class="chapter" id="level2-book1chap03" playOrder="5">

<navLabel><text>1928 ~ 1947 年、皇后</text></navLabel>

<content src="Sway_body.html#chapter_3" />

</navPoint>

</navPoint>

</navMap>

上記の NCX の例では、次のような目次階層を定義しています。

序文

第 1 章

   1969 年、ハウス

   1962 年、ロックンロール

   1928 ~ 1947 年、皇后

NCX 要素は本と同じ順序で並べる必要があります(たとえば、第 2 章へのリンクを第 1 章へのリンクよりも前に配置することはできません)。 この OPF (出版物ヘッダー ファイル) の抜粋は、NCX 目次を本に追加する方法を示します。

NCX を <manifest> で宣言します。

<manifest>

<item id="toc" media-type="application/x-dtbncx+xml"
   href="toc.ncx"/>

<spine> で参照します。

<spine toc="toc">



ガイド アイテム

ガイド アイテムは EPUB 形式のオプション機能ですが、使用することを強く推奨します。Kindle には、表紙、目次、および読み始め位置 (「最初のページ」) のガイド項目が用意されています。次のセクション「表紙と目次を定義する」の説明に従って、表紙と目次のガイド項目を定義することができます。読み始め位置は、Amazon によって定義されます。表紙または目次にガイド アイテムを含めない場合、これらのリスト アイテムは Kindle メニューには表示されますが、グレー表示になり選択することはできません。


表紙と目次を定義する

Kindle は、表紙と目次 (TOC) を定義するために landmarks nav 要素とガイド項目の両方をサポートしています。これらの要素は目次の補足として機能するもので、目次の代わりに使用してはいけません。

landmarks nav 要素は IDPF3.0 仕様の一部です。詳細については、http://idpf.org/epub/30/spec/epub30-contentdocs-20111011.html#sec-xhtml-nav-def-modelhttp://idpf.org/epub/30/spec/epub30-contentdocs-20111011.html#sec-xhtml-nav-def-types-landmarks をご覧ください。

次に目次用のガイド アイテムの例を示します (下線の要素は必須です)。

<guide> <reference type="toc" title="目次" href="toc.html"/> </guide>

以下は、目次用の landmarks nav 要素の例です (下線の要素は必須です)。

<nav epub:type="landmarks">

<ol><li><a epub:type="toc" href="toc.html">目次</a></li></ol>
</nav>


予期しないエラーが発生しました。後でもう一度試してください。
セッションがタイムアウトしました

続行するにはサインインしてください

サインイン
edit