ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

リフロー型と固定レイアウト

リフロー型のテキストと固定テキスト

 

    

出版用ファイルの形式には、リフロー型と固定レイアウトの 2 種類があります (ただし、両者を簡単に区別できない場合もあります)。

 

固定レイアウトは、主に印刷を目的とした形式で、PostScript や Adobe PDF などがあります。大部分の PDF ファイルは固定レイアウトですが、一部の PDF にはリフロー型にするための拡張機能が組み込まれている場合があります。固定レイアウト ファイルのコンテンツは、印刷した紙面と同じように表示されます。画像、テキスト、段落、段は、ページ内の固定した座標に配置されます。ページ サイズは固定となります。

 

リフロー型は、サイズが決まっていない画面に表示することを想定した形式です。HTML やプレーン テキストはリフロー型の例です。

 
                       
   

   
   

図 1: 一般的なテキストのページ。

   
 
 

 

 
                       
   

   
   

図 2: 同じテキストのページを固定レイアウトで異なるサイズの画面に表示した場合。
全体を一度に見ることができず、ページの一部だけが表示されます。
読者がテキストの各行を読むには右や左にスクロールする必要があります。

   
 
 

 

 
                       
   

   
   

図 3: 同じテキストのページをリフロー型で異なる画面サイズに表示した場合。
テキストの行の幅は、画面の幅に合わせて調整されます。
そのため、余計な操作は必要なく、画面内で快適にテキストを読むことができます。

   
 
 

Amazon Kindle のコンテンツではリフロー型のファイル形式を使用します。固定ページ レイアウトで Kindle コンテンツを作成することはできません。リフロー型のファイル形式には、以下のようなメリットがあります。

 
      
  • コンテンツのレイアウトが画面のサイズに合わせて最適に調整されます。
  •   
  • 読者が自分の読みやすいフォント ファミリ、フォントのサイズ、マージンのサイズ、行の間隔などを自分で設定できます。どの設定にすると読みやすいかは、読者の好みや端末によって大きく異なります。したがって、読者が自分で調整できるようにするのが合理的です。
  •   
  • リフロー型の圧縮方式では、本のどのページを表示するときも、同じ時間で表示できます。1,000 ページ目を表示するために、1 ページ目から 999 ページ目までを解凍してページ割り付けをする必要はありません。ページ表示の速さは Amazon が重視している要素の 1 つです。
  •   
  • さまざまなサイズの画像を埋め込むことができます。
  •  
 

 


申し訳ありません。
ご希望のサービスまたは機能は、現在ご利用いただけません。できる限り早く問題を解決できるよう努力しております。後でもう一度お試しください。
セッションがタイムアウトしました

もう一度サインインしてください。

サインイン
Adobe Flash

このページを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。

すでにインストールされている場合は、最新バージョンであるか、また有効になっているかをご確認ください。

Adobe Flash Playerの最新バージョンをダウンロードしてください
edit