ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

トピック 5 - 本のデザインの概要

このトピックの内容

このトピックでは、以下のことを説明します。

  • 本のデザインが重要な理由
  • 一般的な本の本文および表紙のデザイン要素
  • 本の書式設定を簡単に行えるツール
  • 完成原稿を KDP 提出用の書式設定済みファイルに変換する方法


進行状況

ステップ 1 と 2 が終わりました。ステップ 3 を開始したところです。ここでは本の書式設定を行います。その後で、権利と価格を設定します (ステップ 4)。





本のデザインの概要


本のデザインが重要な理由

たとえば、あなたが本を購入しようとしているとします。面白そうな本があったので、本棚から手に取りました。しかし、見てみると表紙画像が粗くて不鮮明ですし、本を開いたら文字が小さすぎ、テキストの書式も整っていませんでした。あなたはこの本を購入しますか? おそらく購入しないでしょう。

本のデザインが重要なのはこのためです。読書は視覚的な体験であり、本の読者にとって見た目は重要な意味を持ちます。見た目が気に入らなければ、それだけで購入を見送る人もいるくらいです。書式設定をきちんと行うかどうかで、本を購入してもらえるかどうかが決まると言ってもいいでしょう。

本文のデザイン

次は本文のデザインについて考えてみましょう。デザインの美しさを左右する要素には、どのようなものがあるでしょうか。以下の図に、本の本文を構成する要素と、それが重要である理由を示します。



表紙のデザイン

次は表紙のデザインです。同じように、デザインの美しさを左右する要素について考えてみましょう。以下の図に、本の表紙を構成する要素と、それが重要である理由を示します。字体と画像に関する情報は電子書籍とプリント本の両方に当てはまり、背表紙、裏表紙、および裁ち落としに関する情報はプリント本にのみ当てはまります。 なお、プリント本の出版は現在、kdp.amazon.co.jp ではサポートされていません。



本の執筆が完了すると、原稿をそのまま KDP に提出したくなりますが、それはできません。書き上がった原稿と、KDP に提出できる書式設定済みファイルには大きな違いがあります。最良の結果を得るには、推奨ツールを利用してください。セルフ出版する前に本を書式設定する理由については、 こちらの記事 (英語) をお読みください。


次のステップ

  1. 上記の説明を参考にして、自分の作品のデザインに必要な要素を洗い出します。最終的にどのような外観の本にしたいかをイメージすると、書式設定の際に役立ちます。
  2. トピック 6に進んでください。


 KDP ジャンプスタートのホーム

予期しないエラーが発生しました。後でもう一度試してください。
セッションがタイムアウトしました

続行するにはサインインしてください

サインイン
edit