ヘルプ | サインイン

このページの使いやすさを評価してください


非常に満足

満足

不満

ご協力ありがとうございます。ご意見は今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

問題や不明点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

ヘルプトピック

お問い合わせ

フィードバックがありますか? ヘルプページで回答が見つかりませんでしたか?

お問い合わせ

基本的なHTMLのフォーマットのガイドライン

ここでは、HTML 形式の本に修正を加える際の基本事項について説明します。Kindle ダイレクト・パブリッシングでコンテンツの変換とアップロードを実行した後になって、コンテンツを修正したくなる場合があります。HTML の基本知識があれば、変換後の HTML ファイルを修正して、書式やレイアウトを調整できます。ただしこの方法は、HTML タグの使用方法を十分に理解している場合にのみお勧めします。

KDP では、出版する本の変換済みコンテンツを圧縮して、テキスト コンテンツの HTML ファイルや画像が含まれる .zip ファイルを作成します。この .zip ファイルをダウンロードし、HTML ファイルを編集した後に、再びコンテンツを .zip ファイルにしてアップロードし直すことができます。その際は、画像を含むすべてのコンテンツを 1 つのフォルダーに収め、サブフォルダーを作らないようにご注意ください。

KDP から HTML をエクスポートする手順

1. 「本棚」で、修正する本の横にある「アクション」ドロップダウン メニューをクリックします。
2. メニューから「詳細の編集」を選択します。
3. 本のコンテンツ セクションが表示されるまで下にスクロールし、「本をプレビュー」をクリックします。
4. 「HTML のダウンロード」をクリックします。
5. .zip ファイルの保存先となるコンピューター上の場所を選択し、「保存」をクリックします。
6. .zip ファイルを解凍します。
7. 上記の手順でダウンロードした .zip ファイルの保存先に移動します。
8. .zip ファイルを開き、HTML ファイルをコンピューター上に保存します。
9. HTML エディター (メモ帳など) で、HTML ファイルを開いて編集します。
10. 以下に示す「テキストのガイドライン」に従って修正を行います。


テキストのガイドライン

テキストのガイドライン #1: 本文テキスト
Kindle 本の本文テキストは、すべてデフォルトの書式にする必要があります。見出し、特殊な段落、脚注、目次などには特別な書式を使用することをお勧めしますが、本文テキストには使用しないでください。HTML 内の本文テキストに任意のスタイルを適用すると、そのスタイルのほうが優先して使用され、読者が選択していた環境設定が無効になります。読者はこれをマイナスの読書体験と受け取る傾向にあります。特に重要なポイントを以下に示します。
  • 本文テキストに位置揃え (左揃え、両端揃えなど) を強制しないでください。本文テキストの line-height 属性を固定しないでください。
  • 本文テキストにはデフォルトのフォント ファミリを使用してください。font face="…" タグは Kindle プラットフォームでは無視されますが、それでも、このタグを本文テキストに使用しないでください。CSS の font-family スタイルについても同様です。
  • 本文テキストにはデフォルトのフォント サイズを使用してください。本文テキストには font size="…" タグや CSS の同等のタグを使用しないでください。本文テキストには太字や斜体を適用しないでください。もちろん、部分的に適用することは問題ありません。ここで問題にしているのは、たとえば本全体に太字を適用することです。
  • 本文テキストのフォント カラーや背景カラーを固定しないでください。

テキストのガイドライン #2: 改ページ
空白ページを作るために、空のテキスト行を挿入しないでください。代わりに、改ページ タグ 'mbp:pagebreak/' を使用します。これは特に、Microsoft Word で作成する文書に当てはまります。Word で改ページするには、Word の "改ページ" 機能を使用してください。

テキストのガイドライン #3: 改行とスペース
改行するには、<p> (段落タグ) ではなく、<br> (改行タグ) を使用します。

テキストのガイドライン #4: 段落の書式設定
どの段落も 1 行目は自動的にインデントされます。この動作は、'p' タグの text-indent スタイルを使用して変更できます。次に例を示します。
o p style="text-indent:0" - 1 行目のインデントなし。
o p style="text-indent:10%" - ページ幅の 10% 分の正のインデント。
o p style="text-indent:5em" - 5 文字分の正のインデント。
o p style="text-indent:-10pt" - 10 ポイント分の負のインデント。
o p style="text-indent:-10" - 10 ピクセル分の負のインデント。各段落の前に挿入される間隔は、p タグの "margin-top" スタイルを使用して変更できます。
テキストの背景カラーは設定できません。
段落に枠線を追加することはできません。

ドロップキャップ
段落の先頭にある文字を、後に続くテキストよりも大きくするには、font タグの "size" 属性を使用して、先頭の文字に他のテキストよりも大きなフォントのサイズを指定します。
例: Once upon a time...

マージン
現時点で、Amazon KDP は、CSS/HTML で設定されるマージン (px 値に設定される topmargin、leftmargin など) をサポートしていません。CSS の margin 属性には正の値とパーセンテージ値 (固定値ではない) を指定できますが、テキストの書式によっては適切に変換されない場合があります。注: この方法で設定できるのは、左、上、および下のマージンのみで、右のマージンは設定できません。

カスケーディング スタイル シート (CSS) は、専用の CSS ファイルに格納し、HTML コンテンツを含むファイルとは別にしてください。CSS ファイルを HTML ファイルにリンクするには、 タグを使用します。
/例:
head
link rel="stylesheet" type="text/css" href="theme.css"
head
HTML ファイルと CSS ファイルは、アップロードする前に 1 つの .zip ファイルに圧縮してください。

テキストのガイドライン #5: ページ番号を使用しない
Kindle 本はリフロー型であり、さまざまなフォント サイズで表示されるので、ページ番号は適用されません。
本の中でページ番号を参照しないでください。相互参照にページ番号を含めないでください。また、ページ番号を示すプレーン テキストの索引を使用しないでください。


画像のガイドライン

画像のガイドライン #1: サポートされている入力形式
Kindle プラットフォームは、コンテンツ内で使用する画像の形式として GIF、BMP、JPEG、PNG をサポートしています。ベクター画像はサポートされません。使用したい画像がベクター画像である場合は、サポートされているいずれかの画像形式のラスター画像に変換する必要があります。

図解、チャート、表、地図などを示すために、テキストを含む画像を使用する場合は、その画像中の文字が Kindle 上で十分に判読できるようにしてください。
画像をソースに追加するには、標準的な HTML を使用します。
例: < img src="image name.gif" />

画像を閲覧時の画面サイズに合わせて表示するには、<img> タグに height="100%" を追加します。
例: < img src="image name.gif" height="100%" />

詳細については、「画像の準備」をご覧ください。

画像のガイドライン #2: 画像の自動変換
MOBI ファイルの最大サイズは 650 MB です。ソース ファイルを KDP にアップロードすると、KindleGen が画像の自動変換を実行して、コンテンツを Kindle 用に最適化します。画像ファイルを KindleGen に入力する前に、できる限り高い画質を保ちつつファイル サイズの上限を超えないように最適化してください。

画像のガイドライン #3: カラー
できる限りカラー画像を使用してください。現在、Kindle 端末の画面はモノクロ表示ですが、他の端末 (iPhone や PC など) 向けの Kindle アプリではカラー表示ができます。

画像のガイドライン #4: 写真
写真には、圧縮品質が 40 以上の JPEG 形式を使用してください。写真の解像度は、使用可能な最大値に設定してください。

小さすぎる写真は使用しないでください。入稿写真を前述のガイドラインに従って自分で最適化する場合を除いては、入稿写真のサイズを必ず 600 x 800 ピクセル以上にしてください。300 x 400 ピクセルよりも小さい写真は小さすぎて承認されない場合があります。

GIF 形式の写真や小さすぎる写真は、JPEG に変換したり、サイズを大きくしたりしても画質は向上しません。元のファイルから、十分な解像度で JPEG 画像を作成してください。

HTML 形式の本のコンテンツを KDP に再アップロードする手順

1. 編集済みの HTML ファイルを、前述の手順でダウンロードした .zip ファイルにコピーします。画像と HTML ファイルがすべて 1 つのフォルダーに含まれていること、およびサブフォルダーにコンテンツが含まれていないことを確認してください。
2. 「本棚」で、修正する本の横にある「アクション」ドロップダウン メニューを選択します。
3. メニューから「詳細の編集」を選択します。
4. 本のコンテンツ セクションが表示されるまでページを下にスクロールし、「参照」をクリックします。
5. 編集済みの HTML ファイルを含んだ .zip ファイルを選択します。
6. 「本のアップロード」をクリックします。
7. 「保存して続行」をクリックします。

HTML を使用した書式設定の詳細については、Web 上にさまざまな記事が公開されているので、"HTML チュートリアル" や "HTML の使用方法" といったキーワードで検索してみてください。

申し訳ありません。
ご希望のサービスまたは機能は、現在ご利用いただけません。できる限り早く問題を解決できるよう努力しております。後でもう一度お試しください。
セッションがタイムアウトしました

もう一度サインインしてください。

サインイン
Adobe Flash

このページを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。

すでにインストールされている場合は、最新バージョンであるか、また有効になっているかをご確認ください。

Adobe Flash Playerの最新バージョンをダウンロードしてください
edit